男の離婚準備

【男性が有利になる離婚準備】妻の借金による離婚

男性が世間の一般的な常識の範囲で仕事をし、世間一般的な範囲で給与を受け取り、
やはり世間一般的な範囲で生活できる状態にあったにも関わらず、妻が多額の借金を作ってしまい、
しかもそれが男性との婚姻関係を続けている中での生活面の費用にはまったく関係がない借金であったなら、
男性はそれを理由にして妻との離婚準備に入ることが可能です。

 

またそれは、夫と妻の立場が逆になった場合にも、有効な事案だといえます。
もしもこの妻の借金が、生活費が足りないといった状況で、借入金であれば夫にも返済の義務が生じる場合がありますが、
通常の生活費の範囲を著しく逸脱しているなどの行為であれば、問答無用といっても大袈裟なことではありません。

 

もちろん、男性が妻の借りたお金の保証人にでもなっていれば、また話は別のものとなりますが、保証人でもなく、
借りたお金が生活費でなければ、夫たる男性は大手を振って離婚準備に入ったらよいと考えられます。

 

しかし、夫が借りたお金の保証人になっていたり、借りたお金が生活費として通常の使い方をされたと立証されれば、離婚準備をするような事情にはなりません。
夫にも妻が借りたお金に対する責任が生じるからです。

 

けれど一般的には、妻が夫に内緒で生活費を多額に借りるということは、通常では考えにくいものです。
また、万一そういう事態が起こったとしたら、法律的に責任がなかった場合でも、夫として責任がまったくないとは言い切れません。